中国へ⑦ 総括2019.09.28

⑥の続き。

 

 

中国で驚いたことは
すべてがスマホ決済だったこと。
通訳が支払いのすべてしてくれたので
一円も現金で支払っていない。
どんな小さなお店でもスマホ決済なのだ。
日本での中国人観光客対応の
スマホ決済サービスは知っていたが
ここまでとは思っていなかった。
ホームレスと言われる人たちまでもが
スマホ決済でお金を無心する。
(首からQRコードを下げている)

 

 

日本でも10月から消費税引き上げと同時に
キャッシュレス決済の波が押し寄せようとしているが
日本の未来を見ているようで
バブル崩壊前夜の過去も見ている
(といっても僕は中学高校生だったから
なんとなくのイメージだけど)
新しくて懐かしい不思議な気持ちになった。

 

 

現地での移動は車が主で
ほぼほぼタクシーでの移動だった。
タクシーもアプリで呼んで5分以内に来て
支払いは当然スマホ決済。
そして呼んだタクシーは
日本でいうところの〝白タク〟だと思われる。
そこのところ詳しく通訳に聞いてみればよかったと後悔。
日本でいう体裁のタクシーや電車には
(もちろん走っていたが)
一度も乗らなかったのが後ろ髪をひかれる。

 

 

飛行機で3時間で行ける
こんなに近いのに言語も習慣も違う国、中国。
通訳に言われたのは
〝中国人の言うことを全部鵜呑みにするな〟だった。
とてもフレンドリーで親愛を示してくれるけれど
言葉だけ、ということらしい。
例えば、
商談相手を紹介してあげるよ、とか
この商品、買ってあげるよ、などなど。
言うだけでその次がないので気をつけろ、と。
それは、日本人もありがちなことだし
事前に分かっていれば対処はできる。
そして出会った人たちは
とても誠実な人たちだった。

 

 

日本に帰ってきて思うのは
あっという間の4日間だったということ。
たくさんの人に会い
多角的なアドバイスをいただけたことで
迷いが吹っ切れた感があって
僕的には大収穫があった出張だった。

 

 

また行くよ中国!!

 

中国編、長々とお付き合いありがとう!!