Leone Cuoreジュエリー〝Horseshoe〟①2019.10.12

秋が深まるにつれて
気候の変化も著しい今日この頃。
暑さもやっと落ち着いて
本格的な秋がやってきた。
食欲の秋、スポーツの秋、芸術の秋などなど
過ごしやすいこの時期は
なんにでも没頭できるというもの。
僕は新作のジュエリーのデザインに
日々のめり込んでいるのだが
今回からLeone Cuoreのジュエリーを
一つひとつデザインのポイントを含めて
紹介していきたい。

 

 

第1回目は〝Horseshoe〟
少し前にBlogでも綴ったと思うけど
ラッキーチャームでもある〝馬蹄〟をモチーフにした
ネックレスとピンキーリング。

 

 

馬蹄がなぜラッキーアイテムになったのか?
というところから説明すると
車が発明される前、主な交通機関は馬だったのは周知の事実。
そのため蹄鉄はとても身近なもので
そのなかでも特に、古い馬蹄に魔除けの効果があるとされたよう。
調べてみるとどうも「鍛冶技術」が肝らしく
昔は製鉄法が一般的ではなく、ごく一部の人しか扱えないことから
馬蹄は神秘な力がある、と信じられるようなった説がある。
他には、10世紀イギリスの大司教ダンスタンが悪魔と取引をして
馬蹄を掲げている家には悪魔が近づけないようにした
というものもあるらしい。

 

いわれはたくさんある〝Horseshoe〟
Leone Coureでは定番の馬蹄モチーフに六芒星を組み合わせ
自身のこだわりをデザインにちりばめた。

 

 

 

 

Horseshoe Reversible Necklace
上がつや消し槌目、下が鏡面

 

表面はつや消しの槌目、
裏面は鏡面のリバーシブルになっているネックレス。
つや消しのマットな質感と鏡面の輝きの表情を楽しめる。
馬蹄は重量感を出さず、シンプルに馴染むようにデザインした。

 

素材はK18イエローゴールドと
K18ホワイトゴールドの2種類。

 

 

 

 

Horseshoe Necklace

 

K18ゴールドの地金にパヴェダイヤをセット。
馬蹄は重量感を出さず、シンプルに馴染むデザインに。
丁寧な仕上げを施し、ラグジュアリー感を出した。

 

素材はK18ホワイトゴールドにブラックダイヤモンドと
K18イエローゴールドにホワイトダイヤモンドの2種類。

 

 

 

チェーンは別売り。
これは近々発売予定のもの。
細部にこだわった一品。

 

 

Leone Cuoreのジュエリーは
オーダーを頂いてから職人がハンドメイドで製作しており
手元に届くまでに時間をいただいている。
その期間はだいたい4〜8週間ほど。
待ち時間をも身につけるときの楽しみのスパイスに・・・
そんな自信と気持ちをこめたジュエリー。
是非、手に取ってもらいたい。

 

長くなったので②へ続く。