白Tシャツに前身頃と後身頃の裾が特徴的なカーディガンを羽織り、
深めのタックが入ったパンツを合わせたコーディネート。
ロング丈の白Tシャツを着ることで黒いカーディガンの裾のカットラインを際立たせる。
ゆったり目のパンツはテーパードになっているのでスッキリな印象に。
靴をスエードのタッセルローフォーにしたことで上品な大人カジュアルの完成

近年トレンドのオープンカラーシャツにクロップド丈のサルエルパンツを合わせた
コーディネート。 全身黒だと重くなりすぎるので、レイヤードした白Tシャツを胸元から覗かせ、ソールが白のスニーカーを合わせて抜け感を演出。

白いシャツの上にオーバーサイズニットベストを重ね、
ネイビーのテイパードパンツを合わせたコーデ。
全身ゆったりのコーデにゴツ目の靴を合わせてしまうと野暮ったくなってしまうので、
シンプルな白スニーカーを合わせ清潔感のあるスタイルに。